トレーサー900/YAMAHA

TRACER900 MYバイクに登録する

Myバイクに登録すると、新製品やリコール情報などの愛車の新着情報が届きます

販売中の車両を見る
オーナー平均満足度
ツアラー

4.10

評価人数: 228人

トレーサー900の全国平均価格

新車一覧2台
本体価格 諸経費 乗り出し価格
122.65万円 8.32万円 130.97万円
中古車一覧 9台
本体価格 諸経費 乗り出し価格
92.67万円 6.01万円 98.68万円

トレーサー900/ヤマハ 身長別の足つき情報

~160cm

1.png

161-165cm

1.png

166-170cm

2.png

171-175cm

3.png

176-180cm

3.png

181cm~

4.png

トレーサー900のレビュー・インプレ口コミ件数38件

更新日:
2022年09月01日
トレーサー900/YAMAHA   
2018年式

うたまろさん

所有中
うたまろさん:「」とオーナーレビュー
総合評価
4.00
走り 4 積載性 5
ルックス 3 とりまわし 4
燃費 4 メンテナンス性 4

長所

ブン回しさえしなければ、そこそこ燃費が良く車重も軽く感じ
レッドまで一気に吹けあがる元気なエンジンで
見た目よりスポーティな走りが出来ます。
乗車姿勢は無理なく非常に疲れにくいです。
飽きの来ないデザインで大人の休日を楽しむマシンって感じが良いです。

短所

シート高が高いので緊張を強いられる場面があります。
4000 rpm付近でのハンドル周りのビビリが気になります。
3気筒エンジンの音ですが、中間回転数の時は
軽自動車が頑張っている時の音に似ていて残念な感じです。
もう少し日本人が好むようなカラーリングを選ばせてほしい。

購入動機

Ninja ZX-14Rからの乗り換えです。
肩肘張らずに普通にツーリングしたくて乗り換えました。

アドバイス

私は色々なジャンルのバイクに乗ってきましたが
マルチに使えて長く乗れそうな頼もしい相棒です。
次のマシン選びで悩んでいる方にはぜひおススメです。

ヨーロッパがメインのマーケットでしょうから
カスタム用のパーツはほぼ海外から取り寄せる感じなので
注文してから到着まで若干時間がかかる気がします。

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年08月25日
トレーサー900/YAMAHA   
2018年式

ウラドラさん

所有中
ウラドラさん:「」とオーナーレビュー
総合評価
5.00
走り 5 積載性 5
ルックス 5 とりまわし 5
燃費 5 メンテナンス性 5

長所

MT-09トレーサーからすると900GTフルオプションは、別物に感じる。
エンジン特性もマイルドになって、Aモードが乗りやすい。
クラッチが軽いので、渋滞も大丈夫。
クルコンはらくちん。できれば120km/h設定できれば・・・・
足つきもよく、ローダウンの必要ない。

短所

購入動機

MT-09トレーサからの乗り換え

アドバイス

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年08月04日
トレーサー900/YAMAHA   
2018年式

ベンチャータカさん

所有中
ベンチャータカさん:「トレーサー900」とオーナーレビュー
総合評価
4.67
走り 4 積載性 5
ルックス 5 とりまわし 5
燃費 5 メンテナンス性 4

長所

用途は日帰りから数泊の長距離ツーリングがメインのため、購入動機で挙げた軽さや取り回しの容易さ、走りの軽快感に満足している。3気筒エンジンの特徴は2気筒と4気筒の良いとこ取りと言われるが、その荒々しさとスムーズさの両方を感じさせる走りも変化があって飽きがこない。積載性についてはオプションのエアロサイドケースとデイトナマルチウイングキャリア+トップケース、さらに後部座席への積載で対応、前車GL1800の積載量にも引けをとらない。
トレーサー900には上級バージョンのGTがあるが、GTに標準装備でスタンダードバージョンに後付けできないクルーズコントロールは、以前乗り継いだ数台のバイクでの経験上、あれば便利という程度で、下道中心の自分のツーリングスタイルには無くてもOKだったし、同じくGT標準装備のクイックシフターもアシスト&スリッパ―クラッチによってもともとクラッチ操作がかなり軽く、自分的にはクラッチ操作がライディング時の条件反射のようにもなっているため、取り立てて必要ないと考えている。
燃費はロングツーリングではコンスタントに25~26km/L走ってくれるため、航続距離も満タン400km以上は見込め、ツアラーとしては満足している。

短所

短所ということではなく用途上の向き不向きになるが、トレーサー900ではパワーモードが3つ(A,B,スタンダード)選択できる。
Aモードはパンチがあり反応がダイレクトな反面、スロットルコントロールにシビアさが必要で、ロングツーリングでは使いづらい。Bモードは回転上昇がもっさりしていて走りのパンチはないが、長旅ではスロットルコントロールに気を使わせない穏やかな反応が楽で良い。その中間がスタンダードで、日帰りツーリングでは主にスタンダードを使っているが、加減速が頻繁な一般道ではアクセルのツキが適度で、バイクを主体的にコントロールしている実感が得られる。このへんのモードによる一長一短を理解して使っていけば問題はない。
主に欧州など海外市場メインの車両設計なのでサイドスタンドの傾斜が右側通行に合わせた角度になっていると思われる。荷物満載で左側路肩に停めるときに路面の傾斜も相まって停車姿勢の傾きがかなり寝るので、(実際にそんなことはないが)そのまま倒れてしまうのではないかと心配になることがある。これはアールズギア製のサイドスタンドエクステンション装着で解消した。

購入動機

GL1800からの乗り換え。GL1800はツーリングには最高だったが、いかんせんそのボリュームや車重のため取り回しに苦労があり、とくにツーリング先でのちょっとした寄り道や酷道の探索などに難を感じていた。そんなとき、GLに比べて排気量、気筒数、車重がちょうど半分のダウンサイジングに当たるトレーサー900が候補として浮上し、行きつけのショップにスタンダードバージョンが展示してあったため購入した。

アドバイス

軽くて走りが良くそこそこパワーもあるツアラーを求めている人、現在の愛車(ツアラー)の重量やボリュームを持て余し気味になっているベテランの人、日本メーカーの信頼性と価格のバランスを考えている人、などには絶妙な立ち位置にあるモデルだと思う。

MYバイク詳細を見る
更新日:
2022年05月12日
トレーサー900/YAMAHA   
2019年式

BM8さん

所有中
BM8さん:「」とオーナーレビュー
総合評価
4.33
走り 5 積載性 5
ルックス 4 とりまわし 4
燃費 5 メンテナンス性 3

長所

・同ジャンル内では比較的軽量な車体重量(215Kg)
・自分としては必要十分な電子デバイス(TFT液晶、ABS、TCS、MODE切替、クルコン、ASクラッチ、クイックシフター、グリヒなど)
・MT-09ほどではないが、峠で楽しい旋回性
・調整幅の広い、前後フルアジャスタブルサス
・割と燃費が良い(高速6一般道4で平均24km/L)
・チェーンメンテやパンク修理で助かる標準センタースタンド

短所

・ハンドルの切角が少ない
・クルーズコントロールの上限速度が107km(実測100km計算?)
・高いギア(5~6速)でも、アクセルOFF時のエンブレが強い(燃料カットが早い?)

購入動機

コロナ関連が落ち着き、今年から長距離ツーリングを再開しようと考え、スポーツツアラーを検討。
評判の良いCP直列3気筒エンジン、軽量かつ高剛性のシャーシ、満タンで400km
以上走る燃費、上級車種のような装備類など、当方の用途にぴったりだと思われる「TRACER900GT」を購入しました。

[比較車種]VFR800F&X、Vストローム650、FZ-1など

アドバイス

MT-09ベースとは言え、この走行性能と装備で新車価格120万はバーゲンプライスだと思います。(低走行中古で100万円前後くらい)

現在は大型アドベンチャー車ブームで、あまり注目されないモデルかもしれませんが、当方は逆に大型オフ→ロードモデルに移行して来たので、ワインディングをヒラヒラ走れる17インチの足回りが楽しくてしょうがありません。
(ダートを楽しむ際は、サブバイクの250オフで行きますし…)

現行の国産大型ツアラーの中では、価格/装備/性能の面でバランスの取れた、オススメできるバイクです。

MYバイク詳細を見る
販売中の車両を見る