new

ニコニコが止まらない! モンキー125だと通勤でもバイクが気持ちいい【国道246号試乗インプレ】

210720_monkey_001_edited.jpg

こんにちは!ウェビックスタッフの銀です。今回はホンダのモンキー125を、片道30キロの通勤ルートを中心に実際に走ってみた感想をレポートします。

普段、私は片道約30キロの道のりをヤマハ NMAXで通勤しています。ルートとしては、約1/3は渋滞がひどく、すり抜けが多いストップ&ゴーの道で、2/3は流れの早い国道の幹線道路、主に国道246号線を走るルートです。今回のモンキー125も同様のルートで走行しています。

50cc版にない安心感、パワー感と車体のサイズ感のバランスが絶妙の125

「見ているだけでうれしくなる」。ホンダのWEBサイトにある、モンキー125のキャッチですが、まさに言い得て妙。試乗レポート用に借りて跨った時から、ニコニコが止まりません。モンキー125って、まさにそんなバイク。

モンキー125で走り出すと、風を切って、景色が流れていくのが、本当に気持ちよく感じられます。パワー感と車体のサイズ感のバランスが実に絶妙なんです。

前後ホイールが8インチ時代の先代モンキーは独特な乗り味で、楽しいけれどちょっと冷や冷やしながら走る印象でしたが、ホイールサイズが12インチ、前後ディスクブレーキになったモンキー125は、ビックバイクから乗り換えても違和感の少ない、しっかりとした乗り味。車体構成が似ているグロム125と違い、2本リアサスと厚みのあるシートで、ちょっとふわふわとした乗り心地も、モンキー125の気持ちよさをより引き立てています。

210720_monkey_002_edited.jpg▲2017年に従来の50ccモンキーが生産終了して2018年に125ccサイズで復活したモンキー125。試乗した現行モデルは4速ですが、次期型は5速になることが決まっています。発売は秋頃と思われます

210720_monkey_003_edited.jpg▲以前の50ccモンキーと比べると余裕のある普通サイズのライディングポジションとなったモンキー125。見ての通り身長170cmが跨っても窮屈さはありません

210720_monkey_004_edited.jpg▲足着き性は、シートの幅が広めでクッションも分厚いのですが体重65kgで両足がべったり接地します

210720_monkey_005.jpg▲大きくなってもモンキーらしい台形シルエットを保つためシートは短めに。125ccであっても二人乗りは不可なのです

125ccのエンジン性能は充分!もはや“おもちゃ”ではない

4速マニュアルミッション、空冷125㏄のエンジンは、ピックアップこそ鋭くありませんが、しっかりアクセルを開けて走れば充分に速く、交通量の多い幹線道路でも堂々の走り。
灯火類もすべてLED化され、フェンダー、タンク、マフラーカバーなどの外装類も高級感があり、樹脂パーツが多いスクーターとは雰囲気が違います。

先代のモンキーは失礼ながら、大人のおもちゃ、という表現がぴったりなバイクでしたが、今度のモンキー125はより幅広い層に受け入れられるバイクだと思います。自分は特に、バイク免許を取ったばかりの初心者や女性、リターンライダーにモンキー125をお勧めしたいです。加速、ブレーキング、コーナリング、メンテナンスといったバイクの基本を安全かつ楽しく習得するのに、こんなに適したバイクはないと思います。

210720_monkey_006.jpg▲先代グロム譲りの空冷4ストOHCエンジン。最高出力は9.4PS/7000rpmと控え目ながら充分な性能と感じました

210720_monkey_007.jpg▲フロントは倒立フォークにディスクブレーキ、ABS仕様も用意されたモンキー125。ブレーキング性能も安心感があります

210720_monkey_008.jpg▲リアブレーキもディスクですが、ABSはフロントのみ対応です。バルーンタイヤ風のビーラバー製純正タイヤもキャラを引き立てています

通勤に使うには注意が必要でも、あえてモンキー125を選ぶ価値はあり

ただ、通勤で使ってみて、いくつか気になった点も。車体が小さく視点が低いせいもあり、ミラーに映る視界が狭いので、後方から来る車を確認しづらく、巡航速度が速い幹線道路では特に注意が必要です。また、自動車が直前に割り込んで入ってきたり、合流して来る事が普段よりも多かった気がします。車体が小さく視認性が良くないのか、自動車からすると速度差を測りにくいのか。幹線道路を走る際は、普段よりもちょっと気を使いました。

渋滞する道路を走っていても、ちょっと流れが良くなるだけで、気持ち良くなってしまう。荷物も積めないし、雨風を防ぐスクリーンもカウルもないモンキー125ですが、あえてこのバイクで通勤している、ということが明確なライフスタイルを感じさせてくれます。モンキー125はそんな不思議な魅力を持っているバイクでした。

210720_monkey_009.jpg▲メーターはシンプルな単眼のデジタル表示。燃料計やトリップメーターがついていますが、時計がないあたりが用途を物語っています

210720_monkey_010.jpg▲ライトは丸型、モンキーでは他に考えられません。ハイ/ロー切り替え式で( )型のLEDライン発光ポジション灯がついています

210720_monkey_011.jpg▲テールランプも当然丸型で、ウインカーを含めてフルLEDになっているところはやはり趣味性が高いところです

2020年型モンキー125/ABS主要諸元

・全長×全幅×全高:1710×755×1030mm
・ホイールベース:1155mm
・シート高:775mm
・車重:105/107kg
・エジンン:空冷4ストローク単気筒SOHC2バルブ 124cc
・最高出力:9.4PS/7000rpm
・最大トルク:1.1㎏m/5250rpm
・燃料タンク容量:5.6L
・変速機:4速リターン
・ブレーキ:F=ディスク、R=ディスク
・タイヤ:F=120/80-12、R=180/80-12
・価格:40万7000円/44万円

モンキー125:現行車種のスペックや新車・中古バイクはこちらから
モンキー125のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る
モンキー125の新車・中古車一覧を見る

ホンダ モンキー125の価格情報

ホンダ モンキー125

ホンダ モンキー125

新車 78

価格種別

中古車 30

本体

価格帯 37.95~143万円

44.21万円

諸費用

価格帯 1.91~9.9万円

3.4万円

本体価格

諸費用

本体

39.64万円

価格帯 36.8~45.8万円

諸費用

3.51万円

価格帯 2.2~3.4万円


乗り出し価格

価格帯 39.86~152.9万円

47.61万円

新車を探す

乗り出し価格


乗り出し価格

43.15万円

価格帯 40.2~48万円

中古車を探す

!価格は全国平均値(税込)です。

新車・中古車を探す

この記事に登録されているタグ

Skype_Picture_2019_09_25T10_40_36_116Z-e1569408122641-72x72.jpeg

投稿者プロフィール

・身長:170㎝
・バイクの所有歴(所有が古いもの順)
:スズキ GSX400Sカタナ、スズキ GSX1100Sカタナ、ヤマハ シグナスX SR、ヤマハ TDM900、KTM 690DUKE、スズキGSX-S1000F、ヤマハ NMAX、スズキ V-Strom650、フサベルTE125、Vストローム1050XT、カワサキKLX230R
・主なバイクの楽しみ方:ツーリング、サーキット走行、オフロード走行
・免許・ライセンス:大型自動二輪免許、普通自動車免許、MFJ国内ライセンス(更新停止)
・特技:料理

この著者の最新の記事

   

Webikeアプリにニュース機能が新規追加
ページ上部へ戻る